2007年10月12日

一夜あけて

071011_212948.jpg
昨日の試合。

あれがボクシングの世界の頂点を決める試合だなんて。
あれがポンサクレックとの試合と同じ『世界戦』としてWBCの歴史に残るなんて。
亀田選手、最後はやけになっちゃったね。

若さ?若さで片付けちゃいけないよね。


試合後のリング上インタビューで内藤選手が、亀田選手と戦った印象など正直に話したうえで『でもポンサクレックより全然弱かったです』ととても丁寧な口調で話したのが印象的でした。

(できればあのインタビューのあとCCBを流してほしかったです!!)


まだ世界チャンピオンになって3ヶ月もたっていない内藤選手。しばらくはゆーっくり休んでくださいね!
なんて言っておきながら、しばらくしたら『早く内藤選手の試合がみたいぜー』となるんですけどねん。


この写真は試合のパンフレット。
表紙をひらくと宮田会長の挨拶がのっています。
宮田会長のお人柄が文章につまってます。
ぐっとくるものがありました。
posted by ayako at 13:13| 東京 ☁| Comment(2) | スポーツばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクシングのいいところは、試合が終わったら抱き合ったりして、お互いの健闘を讃えあったりするところにあるように思います。チャンピオンに対する敬意を持って欲しかった。次男はまずは日本タイトルを獲得してから世界に挑戦してほしい。次は兄貴が出てくるとか、12月にポンサクと再戦とか話がでてますね。来日してるポンサクレックのマネージャーと今日から交渉に入るみたいですが、こにたんの言うとおりゆくっり休んで傷を治してほしいですね。
Posted by 売れないラッパー at 2007年10月12日 18:30
売れないラッパーさん♪
いつもコメントありがとうございます!
私も全く同じ意見です。
7月の世界戦では判定後、ポンサクが内藤選手の元に行きそしてお互いに讃えあっている姿をみて、ポンサクにもまた頑張ってほしいという気持ちになりましたもん!
スポーツですからね!!


Posted by ayako at 2007年10月13日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。